Posted by at

2007年09月05日

美味しい和菓子を安心な手作りで

甘味材料屋 すかいSKY 店長  鶴好子さん


「安心して口に入れられて、本当においしいものをお届けします。」 
にっこり微笑む鶴好子さんは、
久留米市で製菓材料・機材などを取り扱う、『鶴商店』のおかみさん。
お菓子を手軽に作ることができる≪お菓子材料キット≫を考案し、販売しています。


わらび餅、大福、シフォンケーキ…。
パソコンのモニター狭しと並ぶ、お菓子の数々。
≪お菓子の材料キット≫を販売している
ネットショップ『甘味材料屋 すかいSKY』です。

例えば、今年の雛祭りシーズンのヒット商品
「もっちもち和風クレープ お雛様バージョン」の場合。
箱を開けると、国産薄力粉・白玉粉・国産つぶ餡・クルミ・抹茶・天然色素が
一つひとつ小袋に分けて入っています。

初心者でも、小袋を開けて混ぜ合わせ
箱に添えられたレシピを見ながら
美味しいお菓子を手作りできます。

どうせ混ぜ合わせるのに、なぜ種類別に分けてあるのでしょう。
材料を一つ一つ計って小さな袋に詰めるのは
本当に骨の折れる仕事です。
大手の会社のように全ての材料をミックスして売れば
どれだけ楽かわかりません。

しかし小麦アレルギーの子どもは
そのミックス粉を使ったお菓子を食べることができません。
ところが分別してあれば、小麦粉だけ米粉に差し替えることができます。
みんなで一緒に手作りのお菓子を楽しむことができるのです。

鶴さんは、そんな要望にも気軽に応じています。
そのため鶴さんのキットは、幼稚園・保育園や、老人ホーム、デイサービスなどで
レクリエーションの際によく使われます。
ミックス粉に比べて手作りの楽しさもひときわです。

材料は産地や生産者がはっきりした、安心・上質なものばかり。
小売店ではなかなか手に入らないような良い粉を惜しげもなく使っています。
評判は口コミで広がり、現在、多くの料理教室やパン作り教室でも利用されています。

 「卸問屋のおかみです。」―いまでこそ胸を張る鶴さんですが
そう言えるまでには葛藤がありました。
もともと大好きな仕事を持っていたのです。それは、ケアマネージャー。
介護を必要とする人たちのために、毎日一生懸命働いていました。

しかし3年前に訪れた人生の分岐点。
二代目を継ぐと決心した夫を支えていこうと心に決めて家業に入ったものの
倉庫いっぱいの商品名を一から覚えるところからです。
慣れない仕事に溜まるストレス。
配達の途中で見かけた、颯爽と働くかつての同僚の姿に
思わず涙がこぼれたこともありました。

それでも「これが私の決めた道」。
温かいご主人のまなざしに励まされながら
自分らしく、人に喜ばれる仕事を模索し続けた結果
たどり着いたのが『甘味材料屋 すかいSKY』でした。

材料キットを使う人々の楽しそうな笑顔は、今、鶴さんの誇りです。


(2007年 3月)  


Posted by 桑原美砂子 at 23:55Comments(0)